Elephant Family

tembo.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 15日

増井光子さん死去

d0161761_2052312.jpg


元上野動物園長、増井光子さん死去

上野動物園(東京)で初の女性園長を務めた増井光子さんが13日午前6時過ぎ(日本時間)、滞在先の英国で死去した。

 73歳。告別式などの日程は未定。日本動物園水族館協会によると、増井さんは英国で乗馬の競技中に落馬したという。

 大阪市生まれ。麻布獣医科大(現・麻布大)を卒業後、1959年から上野動物園に勤め、女性獣医師の先駆けとなった。パンダの人工授精による繁殖チームにも参加し、85年のチュチュ(誕生から2日後に圧死)、86年のトントン誕生に立ち会った。

 90年からは多摩動物公園長(東京)、92~95年には上野動物園長を務め、いずれも女性初の園長として注目を浴びた。

 東京都を退職後、96年に母校の麻布大教授に転身。99年には横浜市立よこはま動物園「ズーラシア」の初代園長に就任したほか、コウノトリの野生復帰に取り組む兵庫県立コウノトリの郷公園長も兼務した。

 ◆情熱的な努力家

 パンダの人工繁殖をした当時の上野動物園長だった浅倉繁春さん(82)は、「非常に情熱的な努力家だった。当時は女性に宿直はさせていなかったが、増井さんはいつも泊まり込み、上司としては困るぐらいだった。最後まで動物のため熱心に活動していたと思う」と話した。現在の園長で、増井さんと40年近く親交のあった小宮輝之さん(62)は、「野生動物を見に行くために毎週夜行バスで各地に出かけるような、動物を心から愛した人だった」と述べた。

(2010年7月15日14時33分 読売新聞)



よこはま動物園ズーラシア増井光子園長(73歳)が、イギリス渡航中にご逝去されました。
ご冥福をお祈りするとともに、謹んでお知らせいたします。
[PR]

by syuu-417 | 2010-07-15 20:52 | 戯言


<< 涼を求めて・・・      梅雨明けはいつ?? >>